釣りレポート

11月24日


 

11月23日 世間は祭日でしたが私の会社は仕事でした、先週の全日本カレイ選手権大会では、カレイ仕掛け使う事も出来なかったので、『カレイ釣りがしたい』て言うことで久々の個人釣行となりました。

天気予報を見る限り、波松方面風弱く、波高1mとの予想で出来そう、で、イトヒキさん、お祭り男師匠に同行いただき夜10時頃出発。
途中餌屋にて餌購入、一宮IC〜金津ICを経て現地到着1時頃でした。

しかし、海を見ると真っ白、え、何?よく見ると波です。ダバダバだー!とても釣りが出来るような状態ではありません。ゴルフ場下から神社前を経て浜地まで見て回りましたが、浜地のテトラ内側でも魚の釣れそうな気配も感じられませんでした。
このまま、朝まで待って波が治まれば良いのですが、そんな確証も無く場所移動としました。

外海は無理なので、湾内でカレイが釣れそうな所?ということで、100km以上離れた小浜へ移動。3時半頃釣り場到着、風無し、波弱く釣りになりそうなのでここでやることにしました。

初 夏とか晩秋には大型のキスが釣れる(私は釣ったことありませんが)場所ですが、この時期竿をだしたことはありません。そそくさと竿3本投入し様子を見る が、何か来そうな感じなのだが当りは無し・・・で、他の人の様子を見に行くと、お祭り男師匠は藻と格闘中、イトヒキさんはキスが釣れたとのことで、丁度こ のときも24cmぐらいの良型をあげているところでした、キスか〜と思い釣り座に戻ると真ん中の竿に明確な当たりが、巻き上げると確かな手ごたえ、大ギス が?と期待しましたが、近くに寄ってきたところでバシャバシャとアリャ?何か違う40cmのセイゴでした残念。

その後カサゴ、イソベラ、フグ等が暇にならない程度に釣れましたが、私には大物はあがりませんでした、無念。

他の人はと言うと、8時過ぎだったかイトヒキさんが何か釣れたみたいなので見に行くと、アイナメ(34cm)があがっていました、クーラーの中には明け方釣ったキス(26cm)もいました、さらにはそれらの大物申請用の写真を撮っている間に↓


sato

↑真子鰈(36cm)を釣り上げました、な〜んてこったい!良い様にやられてしまいました、しかし狙い通りの魚を釣りあげるところがすごい!

お祭り男師匠は終了寸前に毎度の粘りを発揮して↓


oma

↑27cmのキスをゲットしました、隣にいるのは一緒に掛かってきた30cmオーバーのフグ(コモンフグかな?)です。

冬のカレイ釣りは難しいですね、思ったように釣り座に付くことすら困難な状態が続きました。この先も難しいのかな〜?

走行距離:500kmぐらい

お持ち帰りの魚:セイゴ40cm×1匹、カサゴ×1匹 

戻ります

                                          

 

inserted by FC2 system