釣りレポート

1月13日


 

1月12日 2007年になってからタイミングが悪く、釣りに行く機会が無かったので、今日は一人でも釣りに行こうと思っていました。とりあえず、仕事の休憩中に力なし糸さんにメールすると、夜10時頃なら出られるとのことで、一緒に行くことにしました。

で、夜10時出発、力なし糸さんを乗せいつものように下道(23号)で渥美方面へ、やはりこの時期大物が釣れる可能性があるのは渥美表浜ぐらいしか思い浮かばない。

現地到着は午前1時頃、辺りには釣り人は誰もおらず場所は選びたい放題でしたが、前回大物をあげた場所としました。前回イトヒキさんが入った場所に力なし糸さんが入り、私は同じ場所に釣り座を構えました。

とりあえず、左右に1本ずつ投げ入れ、もう1本は隣の岩の右のスペースへ投げてみました。
これからは、定期的に投げ入れた仕掛けを空合わせ&回収を繰り返す作業が延々と続きます、2本目の竿をあおった時、手応えあり、リーリング時してくると、 微妙?な重さ、浜にあがってきたのは26cm程度のクジメくんでした、クジメとしては良いサイズだよね♪

先週スパーマーケットで、かみさんと買い物中、食品売場で、たまには煮魚が食べたいとかみさんが言うので、そんな物今度釣ってきてやる!と息巻いた関係上、なんとか人数分のクジメかカサゴを釣って帰ろうと思っていました。

そ の後同サイズのクジメが釣れ、今日はこんなパターンなのかな?と思っていました、3時頃だったか岩の右の方に投げていて、何も釣れていない竿を半ばあきら めながらあおると、重い!間違いなく大物の手応えだ!必死でリールを高速で巻きあげ、途中の岩に掛からないでくれ〜と願いながら、あがってきたのが↓これ です。釣れた時は40cmオーバーか?と思った程でしたが、測ったら37cmでした。
巻いてる時って、早く魚が浜にあがって欲しいと思うのだが、自分の思ったより早いタイミングで来たり、思った場所(角度)と違った位置から上げってくるとびっくりしますよね。


aina

↑釣りたての37cmアイナメ、ややピンボケか、真っ暗な中の撮影は難しいッス

その後も、リリースサイズのアイナメや小さなカサゴ、クジメがポツポツと釣れましたが、大物はあがりませんでした。

隣 の力なし糸さんはと言うと、夜の暗いうちは全く何にも1匹も釣れず、ボ○ズやと嘆いていましたが、すっかり辺りが明るくなった6時50分に41.5cm (浜での実測値)の大物ゲット!その後7時30分に33cmゲット、い〜や〜あきらめたらあきまへんな、おめでとーございます。
しかし、2匹しか釣れなかったのに、2匹とも大物とは、う〜ん、参りました。


ao

↑41.5cm&33cmゲットの力なし糸さん


papa

↑アイナメと私


chouka

写真を編集していて気が付いたのですが、デジカメの設定が変わっていて撮影サイズが小さくなってましたので、やや粒子が荒い画像になってしまいました。本来ならもっとトリミングして拡大するのですが、元の画像の画素数が小さいので限界でした。

走行距離:210km

お持ち帰りの魚:上記の通り

戻ります

                                          

 

inserted by FC2 system