釣りレポート

5月20日


 

5月20日 中部協会春季大会が開催されましたので、参加してまいりました。
大会ルールは三重県一帯で、キス含む2匹長寸ということです。

ひっ さしぶりの夜釣りです、昼間の釣りは2回ほどいったのですが、夜釣りは1ヵ月以上行ってないです、で、毎度のようにイトヒキさんと単身さんとで、7時半ご ろ出発。下道にて南伊勢町方面へ、11時過ぎに第一候補の神前浦へ到着、狙っていたポイントには先客がおみえで、しかも向い風が結構強いので、次の場所 へ。
奈屋浦へ到着、ここも先客がおみえで、場所変更。
贄浦へ到着、先客・風・波無く12時過ぎていたので、ここでやることにしました。

そそくさと3本投入、空を見上げると降る様な星空です、気温はやや低めで、Tシャツに薄い長袖のシャツ、ベストではじっとしていると寒いぐらいです、合羽を羽織って丁度いいぐらい。

1 投目を回収、なにやら付いてる?でも、抵抗無し、ん?もしや?そうアナゴくんでした!今年になってからの三重県の釣りは、アナゴくんとの戦いでした、今日 もか?その後もたまに釣れて来るのはアナゴだけ、たまにはドラグを『ジーーージーーー』と豪快に鳴らす大アナゴも現れ、居眠りも出来ない。

4時過ぎイトヒキさんより場所移動提案の電話、で速攻、慥柄浦へ移動。
この時点で、アキラメモード120%なのですが、せもてキスでも拾って帰ろうてな感じで、各々竿1本で引き釣り開始。

1投目から15cmぐらいのキスが釣れて来た、いや〜やっぱ魚釣りは釣れた方がいいよね!その後もポツポツ釣れて来るものも、サイズアップはせず、10時前タイムアップで終了。


umi

↑まるで真夏の海のよう、綺麗な青空と海♪


mika

↑三河サーフの月例も兼ねてましたので、単独の険寸風景です。


pj

↑大会PJの一宮サーフさんのご挨拶


7-9

↑見事!7位入賞のクラさん、9位のお祭男師匠、おめでとうございま〜す。

走行距離:約280kmぐらい

お持ち帰りの魚:無し

戻ります

                                          

 

inserted by FC2 system